成長 発電方法

今後成長する発電方法は何か?

今後成長する発電方法は何か?

どの発電方法が成長するのか

今後成長する発電方法は何か?

水力発電は電力が小さい

従来の発電方法で「水力発電」は使い続けることができますが、大規模な工事の割に作れる電力が小さいという問題があります。今ある水力発電所は使い続ければよいかと思いますが今後水力発電所を増やしていくのは費用対効果を考えて難しいと思います。

 

原子力は危険、化石燃料は地球温暖化を加速させる

「原子力」や「化石燃料」を使い続けるのは、恐らく将来的には完全になくなるのではないでしょうか。このように電気を作るための方法がどんどん狭められてきているのです。

 

今のところある程度の力を発揮し、伸びていきそうなのが「風力発電」と「太陽光発電」ではないでしょうか。風力にしても太陽光にしてもどちらも技術進歩のスピードは加速しているようです。

 

風力に関しては風の強いエリアであればかなりの電力を上げられることがすでに実証されているそうです。また、太陽光発電についても大規模な太陽光発電所が日本のみならず世界各地で建設されているようです。

 

なぜ、風力発電と太陽光発電が良いのか?

風力も太陽光も今のところ将来性としては未知数です。ただはっきりと言えることは、今までの水力、火力、原子力の発電所を作るよりもとてもシンプルな構造で、コストもとても安いということです。また従来の発電方法との決定的な違いは「個別発電」が可能ということです。

 

風力にしても太陽光にしてもコストが割安な上に、ユニットが小さいものからありますので各家庭やマンションなどの屋上に設置することができ、自家発電ができるのです。

 

風力発電は低周波を出すのがネック

風力はファンが勢いよく回ると「「低周波」を出しますので現状では家庭向きではないと言われていますので、やはり太陽光が一番実現に近い発電システムかもしれません。

 

 




ホーム RSS購読 サイトマップ