名古屋 土地柄

名古屋とはどんな土地柄?

名古屋とはどんな土地柄?

名古屋の土地柄

名古屋とはどんな土地柄?

愛知県の県東に位置する名古屋は人口が約227万人の大きな都市です。

 

東海道によって京都と関東を繋ぐ交通の要衝であり、かつては熱田宿がおかれていました。熱田にある熱田神宮(元は熱田神社)は戦国時代の英雄織田信長が桶狭間の戦いで兵を集めた場所としても有名です。

 

名古屋のある愛知県は、工業が大変盛んな土地です。個人差はありますが県民は往々にして郷土愛が深く、地元の産業を大事にする傾向があります。エコカープリウスが大人気になった豊田市のトヨタ自動車などが地域に貢献した企業の典型例です。

 

お金に関しては大変堅実で、働いてはコツコツためると言うマネープランを持っている人が多いようです。財布のひもが普段は固いかわりに、本当に良いと思ったものに対しては出し惜しみをせずに資金や物資を提供します。

 

今(2013年)、愛知県では学校の屋上を企業に貸し出して、太陽光発電を行ってもらう制度を立ち上げようとしているようです。県には賃料、企業には電力会社へ売電した利益が入るため一石二鳥の策と言えるでしょう。

 

実は、愛知県は太陽光発電用のパネルの住宅への設置数が日本一の県だと言われています。

 

濃尾平野に位置する名古屋は、災害に備える街でもあります。海抜が低い(ゼロの地域も)うえに、地下街が発達しているために、台風による浸水の被害を受けやすいのです。

 

いざと言う時のために、機材さえ無事なら発電できる太陽光発電の導入を検討してみるとよいですね。因みに、パネルの機種によっては荒天でも発電できることがあるそうです。

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ