太陽光発電 利益

太陽光発電のメリット・利益

太陽光発電は本当に利益が出るのか?

太陽光発電のメリット・利益

太陽光発電を行う際のメリットはやはり電気料金を減らすことと言えるでしょう。

 

環境に優しいエコな発電方法ということもありますが、家計を考えて電気代を節約するために太陽光発電を導入する方も多いのではないでしょうか。

 

初回は機器の設置に費用がかかり、高額の投資を行うことになりますが、電気代を大きく削減することができますので長い目で考えると支出を抑える事に繋がるでしょう。

 

また現在は太陽光発電の設置の推進のために補助金の制度もあります。有効に活用して少しでも費用を抑えて発電設備の設置を行いたいところですね。

 

太陽光発電で作られた電気を有効に活用するために、家をオール家電にすると一層効果的に電気を使用する事が出来るでしょう。また電気代だけでなくガス代も必要なくなりますので光熱費を一層節約することが期待できます。

 

先日新聞を見ていたら、オール家電にしたご家庭が紹介されていました。「太陽光発電にしてから毎月23000円を超える利益が出ているため、上手くいけば8年足らずで元がとれる」とのこと。最近ではこのようなケースも増えているそうです。

 

なぜ太陽光発電はこのようにプラスになるのか。それは、また光熱費の削減だけでなく、余った電気は電力会社に販売することができるようになったからということが大きく影響しています。

 

支出を抑えるだけでなく、発電することによりお金が入ってくるのです。仕事に出かけて昼は留守のご家庭では作られた電気全てを家庭で使用しきれないことがほとんどです。この余剰電力を電力会社が買い取ってくれるという制度があるのです。

 

事前に手続きをしておけば発電によって作られる電気の余剰分は自動的に電気の売買が行われ、差額分が振り込まれる仕組みになっています。

 

夜間は電気をつくることが出来ませんので必然的に電気を買うことになりますが、売電額よりも購入額がはるかに安いため利益が出るのです。

 

利益を多く出すコツは、自宅で発電した電力はできるだけ売電(売る)する、そして、使用する電力は購入することが大切のようです。太陽光発電を上手に利用して、環境と家計に優しい仕組みにしたいものですね。

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ