太陽光発電 仕組み

太陽光発電の電気を作り出す仕組み

太陽光発電の電気を作り出す仕組み

どのようにして太陽光発電は電気を作り出すのか

太陽光発電の電気を作り出す仕組み

環境に優しい発電方法として今注目されている太陽光発電。多くの人が知っている太陽光発電ですが具体的にはどの様な仕組みで電機が作られるのでしょうか。

 

標準的な太陽光の発電システムは、太陽電池モジュール、コンディショナーや接続箱、電力量計などで構成されています。ソーラーパネルを屋根の上に設置すれば良いというイメージを持たれているかもしれませんが、太陽光を電気に変換するためには様々な機械が必要です。

 

皆さんよくご存知のLEDは電気を流すと発電する仕組みになっていますが、太陽光発電の場合は反対に、半導体に光を照射することにより電気を発生する事が出来る「光電効果」を利用して発電しています。

 

簡単に言えば太陽光発電の燃料は太陽の光ということ。ガソリンのように買ってくる必要もなければ、電気代やガス代のように光熱費を支払う必要のないのが大きなメリットです。

 

しかし、太陽光発電は良い点ばかりではありません。太陽光発電で発生する電気の大きさは、光の強さに比例して変動します。つまり、同じ場所に設置しているソーラーパネルでも快晴の時と曇っている時とでは発電量が異なるわけです。安定性に欠ける。それが太陽光発電のデメリットといえそうです。

 

さて、話を戻します。太陽光で発生した電気は直流と呼ばれる電気です。直流は、そのままの状態では家電製品へ利用する事はできません。そこで普段使用している交流の電気に変えるためにパワーコンディショナーと呼ばれる機械を使用することになります。パワーコンディショナーは太陽光で作られた直流電気を最大限活用するために制御すると同時に交流電力に変換しているのです。

 

敷居が高く感じてしまいがちな太陽光発電ですが、環境に配慮された利用的な発電方法とも言えます。地球温暖化によ異常気象も太陽光発電に変更することでブレーキをかけることができます。地球の将来を考えても太陽光発電は家庭に浸透していくのではないでしょうか。

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ