パワーコンディショナー 重要

なぜ、パワーコンディショナーが重要なのか?

なぜ、パワーコンディショナーが重要なのか?

太陽光発電の能力の鍵を握るのはパワーコンディショナー

なぜ、パワーコンディショナーが重要なのか?

 

太陽光発電システムは高価なものです。

 

しかし、太陽光発電システムは、買って終わるものではなく、電気を生み出してくれる財産になるものです。

 

設置の際には初期費用だけに目がいってしまいがちですが、毎月の電気料金や売電による収入、ローンの費用を全て合算して考え支払い計画を立てていくことが大切です。

 

さて、パワーコンディショナーがなぜ、重要なのかということについてお話をしていきたいとおもいます。

 

発電量について、単純に発電効率のよいパネルとパネルの多さ、ここで決まると思われがちですが、実際はこれにパワーコンディショナーが影響してきます。

 

一般的なパワーコンディショナーの容量が4キロワットですが、直流から交流への変換効率の問題がありますのでパネルから4キロワットの電流が来ても、それの95〜98%程度の電流しか発電されないことになります。

 

またいくらパネルでたくさん電気を作っても、パワーコンディショナーの容量は4キロワットなわけですから、それを超える電力は作ってくれないことになります。

 

ちなみにパワーコンディショナーの最も性能の良い物で変換効率が約97.5%と謳われています。

 

パネルを設置するにしても場所の制限が当然ありますから、4キロワットまで発電できない場合も十分に考えられます。

 

次の項目で業者選びの説明をしますが、業者選びの前にいかに効率のよいパネルを選び、何枚のパネルが自宅に設置できるのか、この二つを元にパワーコンディショナーを選ぶためのメーカー選びがまずは重要になってきます。

 

最終的には施工業者にいくつかのメーカーの見積と説明をしてもらうのがベストと言えます。

 

 

<< メリット │ トップページに戻る │ 業者を見つける >>


ホーム RSS購読 サイトマップ