太陽光発電 蓄電器

太陽光発電の蓄電器について

太陽光発電の蓄電器について

太陽光発電の蓄電器

太陽光発電の蓄電器について

太陽光発電の最大の問題は、太陽光がないと発電しないということです。

 

太陽電池パネルの技術改良が進み、若干の明るさがあれば発電できるようになってきていますが、それでもフルパワーには程遠いのが現状です。

 

こうした問題を解消すべく、蓄電、エリア発電、宇宙空間発電などいくつかの方策が考えられています。

 

太陽光発電の弱点は光がない時発電しません。しかし光がある時には十分発電してくれます。こうなると光のある時に余剰の電力を無駄にするのはもったいないということです。

 

余剰にできた電力を貯め込むことができれば夜の暗闇に包まれた時間帯は昼間に創られた電力をどこかに貯め込んでおいて、それを使えばよいという考え方なのです。

 

問題はバッテリーです。今までそこまでバッテリーを大規模電力蓄電のために開発されてきていませんでしたので、まだ技術がさほど高くない状態です。

 

懐中電燈、携帯電話、もしくは自動車あたりではバッテリーが不可欠なのでだいぶ高性能なものが出ているようです。

 

しかしマンションのように大規模になってくると、さらなる技術向上が求められます。ひとつの発電所分の蓄電に関して言えば、相当な努力が必要な状態なのです。

 

今キャパシタという、コンデンサの技術を利用した蓄電器が一番容量が大きいものに対応できそうだということで、開発に重点が置かれています。このキャパシタがどこまで進化できるかによって太陽光大規模発電に影響を与えると思います。

 

ただ、現在の状況では非常に高い価格で余剰電力を買ってくれます。正直、蓄電器を求めている人は少ないのが現状です。しかし、太陽光発電が普及するに従って、新しく太陽光発電を導入するご家庭では余剰電力の買取価格は下がるとみられるため、将来的には蓄電の技術は強く求められるでしょう。

 

 




ホーム RSS購読 サイトマップ